みなとみらい観光

こどもの日。
前のエントリーにあるように、横浜美術館でルーブル展見てきました。
あたかも長蛇の列であったことを強調するかのような記述をしましたが、実際はまぁ30分待ちで入れて人気のある絵の前では2,3分並んで見られる、くらいでしたので、前に行った大英博物館展に比べればかわいいもんでした。(あの時は入るまでに1,2時間並んで人をかきわけて進んだ・・・)
展覧会の内容は19世紀フランス絵画(だったと思う)。
すごく印象に残った絵はなかったけれど、強いて挙げるとすれば「アモルとプシュケ」
a0025141_0473939.jpg

肌が人形みたいにスベスベしてそうに描いてあるのです。美しい。ところで二人の頭上に描かれている蝶がやたら気になったのだけれど、何か意味があんのかしら?
あとはアングルの絵なんか人だかりできてました。ドラクロワのなんか王様が虐殺しちゃってるような有名な絵があるんだけれど、その習作があって、幼い時分にルーブルで見た記憶がよみがえりました。そう、完成した絵もいいんだけれど、スケッチだったり習作だったりっていうのは本当に上手いなぁと感心させられます。描線に迫力があり圧巻。
歩き疲れたけれど久々に美術館に行けていつもとは違うものに触れられてよかった。

そのあとは臨港パークでピクニック(というほどでもない)。
ポカポカ陽気の中で海を眺めながらランチというのはなんともいい気分でした。マイコちゃんとユミちゃんと「横浜に生まれてよかった」とw。別に浜っ子じゃなくたってできることなんだけどさ。やっぱり海のある町が好きだなぁ。
休日ということもあり、家族連れが多かったです。
世の人の親バカっぷりなどを観察するのもまた楽しい。

その後はワールドポーターズでぶらぶら。
なんか色々買いたいけど必要性はなかったりして結局あんまり買わず、あまりにビーズが好みだったアンクレットを衝動買い。相変わらず安いものばっか買ってる。チリも積もれば・・・ ̄□ ̄;

いかにも休日らしい休日。マイちゃんユミちゃんありがとう♪
[PR]

by pterosauria | 2005-05-05 23:59 | Diary  

<< 晴れたり降ったり ルーブル展 >>