テレパシー?

私の暇人オーラが届いていたのか…

あまりにもタイミング良く高校の友人から「チャーリー見よう」と連絡が入り、「今日ヒマなんだけど」と返したら「じゃー今日行っちゃう?」的な展開であれよあれよと18時には新宿に居ました。
あまりにも暇だったから、12時過ぎまでダラダラ寝て、起きて2回も洗濯して、実家帰るのも面倒くさいと腐りかけていたところで、あのメールには運命すら感じたわ。コマツさんきゅ!!

で、チャーリーとチョコレート工場を観て来ました♪
とにかく、ウーパールーパーが最高でした。どの歌もめっちゃおもろいし、顔全部一緒だし、ちっちゃいし、踊るし!!映像もさくさくとテンポ良く、よく会場からも笑い声が出ていて、面白い映画だったと思います。ストーリーは、原作が童話なので現実であんななったらかなり残酷…と思ってしまいましたが。ああいう童話とか、日本の昔話もそうだけど、極端な表現をしているせいか、ときにものすごく残酷な結末だったりするのよね。つい、余計なこと考えてしまうのはよくない。もっと素直に楽しまないと…。

映画のあとは、お食事。満腹。
色々と話は尽きないから、時間があっという間だった。お店がまだあいてたならもっと居座ってしゃべっていたかったわ~
まぁしかし今日の話でも、求めないから手に入らないんだね、って結論になりました。
たしかに。友達も然り、恋人も然り。一方的な人間関係は成立しようがないのだから、他人に関心を持たない限りどんな関係も生まれるわけがない。至極当然の事。
あと言葉遣いの話が面白かった。私が普段使っている下品な言葉の数々をお上品にしてみたらとっても面白いことに。「うざい→煩わしい、鬱陶しい」とかね。その本曰く、「早口に言葉を短くすればするほど下品」だそうな。わー私のことじゃん!みたいな。あ、語尾伸ばすのも「バカの証」だそうで。まぁ私の「バカで下品」な言葉遣いは当分治る気配はありませんが。はい。

帰宅は久々の深夜バス。
実家に帰っても顔合わせたの弟だけだしね。あはは…
[PR]

by pterosauria | 2005-10-02 01:21 | Diary  

<< 代官山散策 bye for now, se... >>