too much "?"

人はいつでも、自問自答をしながら生きて行くものなのか。
最近、自分への疑問でいっぱいです。
なぜ、なんのために、どうして、なんで…
そんなこと、昔は考えることもなかったし、答えも明確にあった気がする。
いまは、確固たる答えを用意できない自分自身にただイライラしているだけな気がする。
その治し方がわからないから、いま頼れる対症療法は人と会うことだけ。
人とに接して話しているときだけは、そんな気分とは無縁でいられる。
そのために人に会っているとすれば、その人にもしかしたら失礼にあたるのかもしれないが、そうでもしていないと気が狂いそうなので、そこばかりは甘えさせてもらっている。
病気とは、ちゃんと向き合ってしっかり治療しなきゃいけないのにね。
その場しのぎの麻酔に頼るしか、いまのところできない。
特効薬なんて、存在しないのかなぁ…

* * * * * *

ここ数日、鬱々とした投稿ばかりが続いていますが、ずーーーっと精神不衛生で鬱な状態が続いているわけではないのです。ただ、夜部屋に戻って一人でパソコンに向かっていると、なんかドロドロしてくるだけです。全体的にまぁたしかに疲れはたまっている気がするので、心は休ませた方がいいかもしれないが、考え過ぎはよくないし。っていうか本来、お気楽に生きるようにできてる私に難しいことを考えろというのがそもそも無理な話なのよね。あ、これが逃げってやつでしょうか?逃げちゃ悪いかこんにゃろー!!

あ、だいぶ復活してきました。ちょっと楽しい♪

* * * * * *

土曜日は暇人全開で矢上祭に行ってきました。
まぁ実のところ大学が恋しくて恋しくてたまらなかったのですが。
あのときは毎日が楽しく感じられていたので、もう一度それを味わいたくて、坂を上ったのです。

お祭り時だから、いつも通っていたキャンパスとはだいぶ姿を変えていたけれど、後輩や院にすすんだ同期、研究室の仲間、先生などなど、歩けば知ってる顔に出会えてなんか学生に戻った気分。まぁ会った人会った人「なんでいるの!?」ってなるのでその反応もちょっと楽しみつつ。学科の友達と一日ご飯食べてだべってぶらぶらして、存分に矢上を満喫してきました。あの空気が吸いたかったのだな、きっと。

それにしても、自分の研究をほかに人に喜んで説明できる姿ってすばらしい。
今回の矢上祭ではいくつかの研究室が、研究紹介のブースを設けてデモンストレーションなどを行っていたのですが、そこで説明している学生たちがみんなまぶしく見えました。また、そこに集った小学生たちを見て、なんともいえない頼もしさを感じました。きみたち、その興味を忘れずに将来大きくなってくれよ、とか、もうわけもわからない希望を彼らに託しそうな気分でした。おのれはおばさんかと(笑)でも、ほんと子供ってこう可能性にあふれていて、いいなぁと思ってしまう。そうやって過度に期待して過保護に育ててしまうことは危険だけれど、ああいった素直さとかさ、なんか新鮮。ちょっと、子供にかえりたくなった。

日曜日は、お昼から同期とグランベリーモール!!
私が最近元気ないというのを心配してくれて、っていうだけではなかったと思うけれど、遊びにつれだしてくれました♪ありがとう(*^o^*) 
アウトレットが南町田にあるっていうのは知っていたけど、今日まで私は「南町田は町田の隣の駅だ」と信じてました…ぜんぜん違ってたね。田園都市線なんだね。
アウトレット自体は、御殿場なんかと比較するとぜんぜん規模は小さいのだけれど、なかなか掘り出し物があってホクホク☆いっこ、めっちゃ安いワンピースがあって欲しかったのだけど、一部壊れているところがあって、残念ながら欲しかった色のものはそれしかなく、泣く泣く諦めました…手に入らなかったものほど悔しさが募るものね。あーあ、惜しかったなぁ。それでもスパッツとニットを激安でゲットして満足♪♪昼も夜も一緒にごはん食べて楽しかったぁ。

* * * * * *

明日からまた仕事。
だるい。
仕事が楽しいとか取り繕うのはやめて、正直に言おう。
だるい。
でも、仕事はつらいからお金をもらえるんだってある人が言っていた。つらいだけじゃなくて、たまにはやりがいを感じられたり、面白いと思えたりすることもある。
とりあえず、続ける理由はそういうことにしておく。だから、明日も会社に行く。

だるいけど、行く。
[PR]

by pterosauria | 2005-10-16 21:37 | Diary  

<< 雨キライ 上下 >>