行き6時間、帰り2時間

前に「日光に紅葉を見に行こう!」ということでサークルの人々と計画していたものの、結局人が集まらず断念していたのだが、どういう因果か会社の同期と計画していたまったく同じ日に日光まで紅葉を見に行くことになったのでした!!
もともとは紅葉を見たいね、って話から始まったのが、なぜか日取りも目的地も同じ。
ふしぎ。

というわけで、早朝5時からヤマタツの「起きろ」メール。起床。6時にドライバー・ミズノと共にスカイラインが寮へ到着。6時に駅って聞いてたから悠長にお茶入れてたって…ということでしょっぱなから遅れ気味。まぁ気を取り直してアキちゃんと乗車。やー朝も早よからまじおつかれさまでした。特に運転手。でも、これからがほんとにお疲れな旅でした。

つまり、渋滞。
まず東京都を超えるのに延々何時間かかったのか…進まない。いったいどこにどれだけ人が居てみんなどこへ向かうのか!?あまりの車の多さにあきれた…人口密度がおかしいのか?
しかし、東京を抜けて埼玉、栃木あたりはまぁまぁ順調な旅。テンションも上がる♪
と思ったら次の難所はいろは坂!!
まぁね、ピークシーズンの土曜日に行こうってわけだから多少は覚悟していたけれどね…坂の途中で「あ、また1時間たった」みたいな話で、ほんといつになったら抜けられるかわからなかった。しかも山の天気は変わりやすく、雨。紅葉もまだ始まりかけで、景色を楽しむといっても見通しはイマイチ。社内のバカトークが唯一の楽しみ。まぁ、これが一番楽しいところなんだけどね。

まぁおかげで(?)、目的地の中禅寺湖に着いたときの爽快感は格別でした。
ほのかに色づく山の木々の色合いだけで、見に行ってよかったと思えた。
あいにく、晴れ間はのぞかなかったけれど雨は降らなかったし。
お昼を食べて、少し歩いて華厳の滝。
こっちはものすごい濃霧で上から除くだけだと、滝の落ちる音と気配だけしかわからず…
エレベーターで降りればちゃんと滝が見えるらしい、ということで皆で100m下った。
これは、降りてよかった!!
下は霧もあんまりかからず、滝はばっちり見えて、あと何しろまわりの紅葉が綺麗!!ほんとに降りて大正解。行った甲斐があったというものです。
a0025141_1431340.jpg

a0025141_1421825.jpg


紅葉を堪能したのちは、温泉目指して鬼怒川へ!
鬼怒川という地は、サークルの春合宿の地であり、去年研究室の同期で訪れた地でもあり、なにかと縁があって懐かしかった。そして、去年研究室の同期と訪れたまったく同じ「岩風呂」の温泉に今年もお世話になることに♪もう外は暗くなっていて、露天風呂は雨だったけれど、おかまいなしにゆっくり浸かりました。体があったまります。

その後、「お腹空いた!!」と全員が合意したものの、鬼怒川温泉の駅前って食事ができるような場所などなく…当初の予定通り、宇都宮まで車を飛ばす。ミズノ氏に肉の神降臨。温泉のロッカーが偶然29番だったとか…車内でグルナビ検索して出てきた焼肉店を、運転手のクセにいち早く見つけ出し、突入。やーもうお腹いっぱいでした。はい。「ダイエットしてる人の食事じゃない」の非難にもめげず、それは一時おあずけで美味しい食事を楽しみました。やっぱり、楽しいことは我慢しちゃいけないよ。と自分に言い訳。いいんだーー(>_<)

宇都宮を出たのは22時。帰りは2時間で横浜町田インターに着いてました…うちらの行きにかけた時間は何だったの!?という有様。まぁ良い。
ミズノくんは結局、半日運転席に座りっぱなしでした…ほんとにおつかれさま。ということで最後、ヤマタツを寮に帰すためにアキちゃんがシルビアを出してくれました。ミズノ、そのまま帰るかと思いきや「シルビアに乗りたい」ということで結局深夜、4人で乗り込み相武台前まで送る。パルクでミズノ氏に「寝るな」と送り出し、アキちゃんとも部屋の前でお別れ。
1時半、布団に倒れこみ終了。

本当に、長い一日でした。よくしゃべり、よく食べた!!
次は雪山行くぞーー♪♪
[PR]

by pterosauria | 2005-10-23 14:21 | Diary  

<< am i gonna star... soft drink, please >>